ランウェイをもう一度振り返る

アトリエ ヴェルサーチェ

イタリアならではの卓越したクラフツマンシップ

「今回は今までの価値を打ち砕くような何か、つまり、私たちすべての内面を根底から変えた何かに通じるものを創造したいと考えました。私にとって、それは新たな世界への憧れでした。幻想的な生物が棲む、鮮やかな色に彩られた世界。私たちが皆、共存する平和な世界です」
ドナテラ・ヴェルサーチェ